すてきなくらし

地球と私にちょっと優しい生活のTipsをまとめました。

ステキな習慣

迷っている時間はない。大切なのは出発すること。

57a64e313ee39a4c8c57a46df17a794b_s

すてきなくらしをおくる上で、心得ておきたいこと。それは、物事を始めるということ。

90%以上の方は「冒険不足」

アメリカで90歳のご老人に「90年の人生を振り返って、唯一、後悔したことは何ですか?」とアンケートをとったらしいです。そして、その90%の人が同じ答えだったみたいです。それは、

「もっと冒険しておけば良かった!」

だったらしいです。

ホンダの創始者である「本田宗一郎」氏は、こう言っております。「みんな知らないんだ。実は私がやった仕事で成功したのがたった1%にすぎなかったことを」つまり、99%は失敗の連続だったことです。

脳は2つのことを考えています。

人には「安楽の欲求」と「充実の欲求」の2つがあります。「安楽の欲求」は、休みたい、さぼりたい、ゆっくりしたい、いやされたいという欲求です。この欲求は、当然、自分を守るために大切な欲求です。走り続けていたら、身体も壊れてしまいます。しかし「安楽の欲求」ばかり満たしていても充実感っていうのは満たされません。「今日は休憩で昼寝」をしていて充実した一日とか、なかなか思えません。

逆に「充実の欲求」を満たそうと思ったら、能動的に活動することになります。旅に出る、仕事をトコトンやる、英会話の勉強をトコトンする。。。。。。。

人生を「もっと冒険しておけば良かった」で、終わらせないためには、まずは出発すること。

これが、非常に大切な考え方だと言えます。

写真家である星野道夫氏は、こう言っております「大切なことは、出発することだった」と。そう、「すてきなくらし」を実施するためには行動を起こすことです。

まずは、失敗しよう!それは出発したということです。

本田宗一郎さんは、こうも言っております。「チャレンジして失敗を恐れるよりも、何もしないことを恐れろ」と。また、元F1パイロットの佐藤琢磨は「No Attack No Chance」と言っております。

みんなそうです。

チャレンジすることの重要性を説いております。それは、大きなチャレンジではないかも知れません。例えば、下記の数式をご存知ですか?

1.01×1.01×1.01…………………………で、365日たつと、37.8になります。

0.99×0.99×0.99…………………………で、365日たつと、0.03になります。

一日々々の差は、わずかな差です。しかし、それが一年後には、大きな差になります。大きな冒険という意味もあるかもしれませんが、ほんの些細な毎日の冒険の小さい差が、一年後には大きな差になるのかも知れません。

すてきなくらしをすることは、チャレンジすること。今日、あなたは、どんなチャレンジをしますか?

【参考文献】

 

Happy(しあわせ)名語録―一瞬で人生が変わる! (王様文庫)
ひすい こたろう よっちゃん
三笠書房
売り上げランキング: 162,071
The following two tabs change content below.
しおみ まさはる
宇宙で一番神様から愛されている男。スモールビジネスのコンサルタント。最近、女性よりも女子力が高いとの噂も。と、スパイスカレー作りにはまっております。

-ステキな習慣